今の俺には妊娠出産すら生ぬるい

今の俺には妊娠出産すら生ぬるい

今の俺には妊娠出産すら生ぬるい

なぜ現代は「不妊症」が多いのか



なぜ現代は「不妊症」が多いのか

ストレス社会などとも言われるストレスフルな日常を送る上で、いかにストレスをこまめに発散させるかということが非常に重要であるということは、身をもって経験された方もいるかもしれません。

ストレスの発散に失敗すると、はからずも「病気」を発症してしまうこともあります。

「生活習慣病」などと、すでに一般化されてすっかり私たちの間で定着した呼び方もありますが、生活習慣病というのは、言い換えれば「ストレス病」とでも言えるかもしれません。

ですから、ストレスフルな現代社会に生きる以上は、むしろ生活習慣病ではない病気のほうが、探すのに苦労するかもしれないという気さえします。

生活習慣病のやっかいなところは、原因が多様であり、しかもその中でも主犯格となっているのが「ストレス」という目に見えづらいファクターだからです。

まさかこの病気がそういう原因だったのか、というようなケースも決して珍しいことではありません。

そんな病気の中に、「不妊症」もそのひとつとして数えられます。

もちろん狭義では、不妊症が生活習慣病であるとする説はあまり聞かれません。

しかし、不妊症の原因を追究していくと、これも生活習慣病のひとつであると考えざるを得ない部分が見え隠れしてきます。

現在、公共交通機関が発達し、マイカーを利用する環境も整って、なに不自由なく生活を送ることができるようになってきているような錯覚にとらわれます。

もちろん、現代だけ病気があって、交通網が発達していなかった当時に病気がなかったわけではありませんが、不妊症の発症率の高さだけは、過去にくらべて現在のほうが高くなっているということは少なくとも言えるのです。

車がなかったころは主婦が買い物をしなかったかといえば、もちろんそんなことはありません。

自分の足で歩いて、重い荷物を持って、ちゃんと買い物をしていました。

しかも、車がなかった当時は、それほどたくさんの量を買い込むことができませんでしたから、今よりも頻繁に買い物をしていました。

そのようにして、家庭の主婦は下半身を徹底的に鍛えていたのです。

実は、これが「現代よりも不妊症の発症率が小さかった」ことと大きく関係していると、近年では考えられるようになってきているのです。

もちろん、不妊は女性だけの問題ではなく、男性のほうに問題があるケースも、女性のケースと同程度あります。

実際、近年でjは「男性不妊」などということばも生まれています。

不妊は、夫婦で解決すべき問題です。

夫婦とも、しっかりと歩いて、下半身をしっかりと鍛えなおすことが大切なのです。

その1:つわり食べ物

過度なダイエットは不妊症の原因になる?



過度なダイエットは不妊症の原因になる?

不妊症は子宮や卵巣・卵管などの病気によって生じているものもありますが、多くの場合、生活習慣の乱れの影響で身体が妊娠しにくい状態になっていること原因で起こっているので、将来子供を産みたいという女性は、普段の生活習慣を見直して不妊症を予防することが大切です。

たとえば、妊娠しにくい身体をつくる原因の一つに過度なダイエットがあります。

ダイエットでは体重を落とすために食事制限をする方が多いと思いますが、過度な食事制限をするとホルモン分泌に必要なアミノ酸やビタミン・ミネラルが体内で不足した状態が長く続くため、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌もうまく行かなくなり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスが崩れると、卵子の成長や子宮への受精卵の着床にも悪影響が生じるため、妊娠しにくくなってしまうのです。

また、ダイエットのために過度な運動をすると身体に負担が生じて体内に活性酸素が増えるため、妊娠するために大切な子宮や卵巣の細胞が酸化によるダメージを受けてしまう場合もあるので、無理な運動は禁物です。

一方、過度なダイエットは妊娠しにくい身体をつくる原因になりますが、逆に、普段から脂肪分が多くて高カロリーな食生活を送っていると、肥満になるため不妊症のリスクが高まります。

これは肥満によって内臓脂肪が増えると、体内のホルモンの分泌が不安定になり、ホルモンバランスが崩れてしまうためで、この結果、卵巣の機能が低下して排卵しにくくなったり、不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群になりやすくなったりすることが指摘されています。

また、太りすぎていると脂肪の影響で下半身の血流が悪くなるため、子宮や卵巣への血流も滞りがちになり、結果的に不妊を招いてしまいます。

このように、不妊症を予防して妊娠しやすい身体をつくるには、毎日、ビタミン・ミネラルが豊富な緑黄色野菜、海藻類を積極的に取り入れた栄養バランスのよい食事をするとともに、適度な運動をして標準体型を維持することが大切です。

また、妊娠しやすい身体をつくるにはたんぱく質もしっかり摂ることも大切ですが、脂身の多い肉は血液中の中性脂肪の増加につながるので控え、低カロリーな鶏胸肉や鶏ささみ、血液を滑らかにして血流をスムーズにするDHA・EPAが豊富な青魚などを中心に摂取するのがお勧めです。

なお、生理周期が不安定になりがちな方は、体内でエストロゲンのように作用してホルモンバランスを整えてくれる大豆イソフラボンが多く含まれる大豆食品を摂るのが効果的なので、毎朝、納豆や豆腐を食事に取り入れてみましょう。

その2:妊娠相性

子供ができない原因には様々なものがある



子供ができない原因には様々なものがある

子供ができない原因には様々なものがあります。

医学的なことがよくわからなかった時代は、子供ができないのは女性の側に問題があるからだと責められることが多かったですが、実際には女性に原因がある場合もあれば、男性に原因もある場合もあります。

女性に原因がある場合の主なものをあげると、まず排卵に問題がある場合があります。

排卵障害はプロラクチンというホルモンの分泌亢進によって起こる高プロラクチン血症の場合や、男性ホルモンの分泌亢進によって起こる多嚢胞性卵巣症候群の場合などがあります。

二つ目に卵管に問題がある場合があります。

性器クラミジア感染症によって卵管が閉塞してしまったり、同じく。

性器クラミジア感染症によって卵管周囲が癒着してしまうことで卵子を取り込むことができなくなることで不妊となってしまいます。

卵管周囲の癒着に関しては、虫垂炎など骨盤内の手術から引き起こされることもあります。

三つ目に子宮に問題がある場合があります。

子宮筋腫や粘膜下筋腫などにより受精卵が子宮内膜へ着床できなくなってしまいます。

子宮内膜にポリープがある場合も同様のことが起こることがあります。

四つ目に免疫に問題がある場合があります。

何らかの免疫の異常によって精子に対して抗体ができてしまうのです。

この他にも頸管に問題がある場合、またどれにもあてはまらないような、理由がよくわからないケースも少なくありません。

男性に原因がある場合では、性機能に問題がある場合があります。

ストレスなどによって勃起障害が起こり、性行為ができません。

また性行為はできても、膣内に射精ができないというケースもあります。

二つ目に精液性状低下してしまい子供ができないという場合があります。

精子は精巣の中で作られますが、それがうまく作られないために、精子の数が少なくなって、うまく受精できなくなります。

このような症状を造精機能障害といいます。

さらに、無精子症の場合があります。

精液中の精子の数が極端に少ない、あるいは全くない場合です。

精子は存在していても、運動率が極端に低いような場合もあり、高度の精液性状低下といいます。

これらの症状は造精機能以上による機能的な問題もあれば、造精機能を司るホルモンの分泌低下に引き起こされる場合もあります。

これらのように、様々な理由で子供ができないことがあるわけですが、治療によって機能が回復することもありますので、不妊治療の専門病院にて治療することが大切です。

40歳を超えるとさらに妊娠が難しくなりますので、早いうちに治療に取り組むことが望ましいでしょう。


その3:妊娠できない病気

先頭へ
Copyright (C) 2014 今の俺には妊娠出産すら生ぬるい All Rights Reserved.